製品化の課題をどのように乗り越えたのか?先行事例から医工連携の勘所・ヒントをつかもう
第1回 医工連携事例研究会.Web 【事例】橋本電子工業「超音波頸動脈血流モニター FURUHATA」
オーバービュー
日 時 2020年4月7日(火) 16:00 - 16:50
申込期日 2020年4月7日(火)16:50
場 所 オンライン会場
Online オンラインで参加できます
登 録 事前登録が必要です
参加費 無料
主 催橋本電子工業株式会社、ケイ・アンド・ケイ ジ ャ パ ン株式会社
区 分 セミナー
対象者 異業種から医療機器産業への参入をめざすものづくり企業
質 問 ご質問やコメントはこちら メドテックステーション
詳 細

先人に学ぶ

 医療機器開発には、マーケティング、知的財産、資金調達、試作開発、法規制対応、製造、製造販売、販売、非臨床試験・臨床試験など、多くのハードルがあります。そうしたハードルを越え、医療機器開発を円滑に進めるために、“医療機器開発の先人に学ぶ”ことはきわめて重要です。

 医療機器開発の1つひとつにストーリーがあります。聞きたいことは山ほどあると思います。たとえば、「医療機器開発のきっかけは?」、「なぜ、やろうと思ったのか?」、「医療現場との関係づくりはどうしたか?」、「どのような課題があったか?」、「最も困難だった課題は何か?」「どのように課題を乗り越えたのか?」、「専門家との連携はどうであったか?」、「事業化できた最大の要因は何か?」、「今後の展開をどう考えているか?」、「現在の課題はなにか?」、「医療機器開発を経験して何を思うか?」など。

ざっくばらんにディスカッションしましょう。この研究会が、先人の思考、判断、行動に学び、自らの取り組みを見つめ直す機会になれば幸いです。

 内 容

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第1回 医工連携事例研究会.Web
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○日 時  2020年4月7日 16:00~16:30(最長16:50を予定)

○場 所  オンライン会場
      https://zoom.us/j/475511199
      ↑クリックして参加できます

○開発事例

 [製品] 超音波頸動脈血流モニター
     「FURUHATA」
 [企業] 橋本電子工業株式会社


○プログラム

 □ 開 会
 |
 ◇ 開会挨拶
 |
 | 橋本 正敏
 | 橋本電子工業株式会社
 | 代表取締役社長
 |
 ◇ イントロダクション
 |
 | 久保田 博南
 | ケイ・アンド・ケイ ジ ャ パ ン株式会社
 | 代表取締役社長
 |
 ◇ 開発事例プレゼンテーション
 |
 | 楢井 昭久
 | 橋本電子工業株式会社
 | 新規開拓グループ
 | 
 ◇ 質疑・意見交換
 |
 □ 閉 会


○司会進行

 柏野 聡彦
 一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ 副理事長

関連資料
主催者
主 催橋本電子工業株式会社、ケイ・アンド・ケイ ジ ャ パ ン株式会社
共 催日本医工ものづくりコモンズ
協 力メドテックステーション
詳細ページへ移動する(外部サイト)