福井県のものづくり企業は、医療業界を学び、医療業界への参入可能性を検討するために医療機器メーカー、医療機器ディーラーの皆さまとの商談や意見交換を求めています。
「再生医療とロボットリハビリの融合が創る患者が求める医療 -ウクライナの人道支援へ向けて-」 令和4年度第2回福井県オンライン展示商談会併催医工連携オンラインセミナー
 オーバービュー
日 時 2023年2月3日(金) 15:00 - 16:00
申込期日 2023年2月3日(金)16:00
場 所 カンファレンスパーク「オンライン会場」
Online オンラインで参加できます   会場に接続する
登 録 事前登録が必要です 申し込む(外部サイト)
参加費 無料
主 催福井県
区 分 セミナー 商談会
 内 容

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  『 令和4年度第2回福井県オンライン展示商談会併催医工連携オンラインセミナー』

  日 時: 2023年2月3日(金) 15:00~16:00
  場 所: カンファレンスパーク
  参 加: 無料
  主 催: 福井県

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○プログラム:

 □ 開会
 |
 ◇ 開会挨拶・概要説明 
 |
 | 
 ◇ 講演1
 |
 |  『再生医療とロボットリハビリの融合が創る患者が求める医療
 |    -ウクライナの人道支援へ向けて-』
 |  弓削 類 先生
 |  広島大学大学院 医系科学研究科 教授
 |  宇宙再生医療プロジェクト研究センター センター長
 | 
 ◇ 質疑応答・ディスカッション
 |
 |
 □閉会

【講演内容】
 再生医療は,主に脳梗塞,脊髄損傷を対象に国内外で臨床研究や治験が行われている.我々は,過去20年間iPS細胞,ES細胞,間葉系幹細胞(腸骨由来,脂肪由来,臍帯由来)等々,多くの幹細胞の培養実験を行ってきた.神経と起源を同じくする神経堤由来の間葉系幹細胞に着目し,頭蓋骨から間葉系幹細胞を樹立した.この幹細胞は,神経再生治療に有利な特性があることから臨床研究を行っている.同時に歩行補助装置 “RE-Gait®”等の開発も行っており自家データで細胞治療とロボットリハビリテーションの統合を進め,その成果をウクライナの人道支援に活用する.

【講師紹介】
現 職 名 広島大学大学院 医系科学研究科 教授
宇宙再生医療プロジェクト研究センター センター長  
1999年 広島大学大学院医学系研究科修了,2000年に博士(博士(医学)
1993年 広島大学医学部助手、講師、助教授を経て2005年 同大学教授に就任。
同年 大学発ベンチャー企業 株式会社スペース・バイオ・ラボラトリーズ 取締役
2009 年 University of California at Los Angeles (UCLA) 客員教授
2015年 全世界で6名のNASAケネディー宇宙センターの諮問委員会委員,
     広島大学 宇宙再生医療センター・センター長に就任
2018年 日本再生医療とリハビリテーション学会の理事長に就任

【ぜひ!福井県企業へ交流をお願い致します。】
セミナーにご参加される際は、福井県の県内企業と医療機器メーカー・ディーラーとの交流会へ
お立ち寄りいただき、展示企業に「見たよ」クリック、または「メッセンジャー」でメッセージを入れていただきたく存じます。

■展示会場:https://conference-park.jp/conference/35/company?view=list
■参加費 :無料

○お問い合わせ先:

  福井県の県内企業と医療機器メーカー・
  ディーラーとの交流会事務局
  【受託機関】
   株式会社日本医工研究所
   Email: cp@j-ikou.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 関連資料
 主催者
主 催福井県