欧州の新医療機器規制 MDR対応のポイント
MDRの要求事項として厳格に規定された製造販売業者が果たすべき義務(第10条)を中心に解説する。また、OEMビジネスに関連する第16条、第22条、及びその他の方法についても紹介する。
オーバービュー
日 時 2020年8月26日(水) 14:00 - 14:40
申込期日 2020年8月25日(火)23:55   期日にご注意ください
場 所 Zoom
Online オンラインで参加できます   会場に接続する
登 録 事前登録が必要です
参加費 8,000円
主 催インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社 Medtec Japan事務局
区 分 セミナー
対象者 医療機器・ヘルスケアメーカー / 介護・福祉関連 / 研究機関 / 地方自治体 / 通信・インフラ関連企業 / 病院・病院運営・サービス関連会社 / 医療従事者(医師・看護師・臨床工学技士)
詳 細
 内 容

日 時 2020年8月26日(水) 14:00-14:40
登 壇 テュフ ラインランド ジャパン株式会社
聴講料 8,000円(税抜)
主 催 インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社 Medtec Japan運営事務局
形 式 Zoom (有料・事前登録制)
    https://www.medtecjapanreg.com/seminar2020/form.cgi?smncode=SMN40826AOL

【プログラム内容】
2021年5月26日以降、欧州に医療機器を出荷しようとする製造販売業者は、欧州の医療機器規制MDRに適合させる必要がある。MDRの要求事項として厳格に規定された製造販売業者が果たすべき義務(第10条)を中心に解説する。
また、OEMビジネスに関連する第16条、第22条、及びその他の方法についても紹介する。


【講師プロフィール】
テュフ ラインランド ジャパン
株式会社
シニアエキスパート
鴛田 栄二

医療機器メーカにおいて医療機器の設計開発、QMS設計管理の構築、及び日米欧の市販許可申請の業務経験を有す。
現職においては日米欧の医療機器関連の法規制や国際規格のセミナーを多数開催。

関連資料
主催者
主 催インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社 Medtec Japan事務局
詳細ページへ移動する(外部サイト)