医療現場での新型コロナウイルス感染を防ぐために様々な研究から製品化が進みます。現場での事例を踏まえ、国内外の動向を探ります。
海外論文から紐解く医療現場の新型コロナウイルス飛散防止を考える勉強会
オーバービュー
日 時 2020年8月6日(木) 18:30 - 19:30
申込期日 2020年8月6日(木)19:30
場 所 オンライン会場
Online オンラインで参加できます
登 録 事前登録が必要です
参加費 無料
主 催株式会社iDevice / Kiwi(CE医療機器安全管理支援)/ 一般社団法人未来医療ファンディング&マネジメント(みらいメドテック)
区 分 セミナー 情報交換・意見交換 勉強会 研究会
対象者 一般の方、医療従事者、臨床工学技士、医療機器メーカー、企業の皆様
質 問 ご質問やコメントはこちら メドテックステーション

海外論文から紐解く医療現場の新型コロナウイルス飛散防止を考える勉強会

新型コロナウイルスの感染対策は、飛沫やエアロゾルなど感染経路と考えらる要因に対し、研究が進んでいます。医療現場から生まれたビニールハウス型の飛沫飛散防止シールド(VHシールド)もそうした取り組みによるものです。

新たな改善策が集積し続ける環境において、感染防止を目的とするモノを医療現場に届けるだけではなく、より安全性を高めるために、様々に異なる現場に合わせた使い方をノウハウとして知識の共有をしていくことがとても大切であると考えます。

こうした観点から、VHシールドの役割よりも前に、まずは課題となっている医療現場で感染が広がることを防ぐためのディスカッションをする機会にするための勉強会に変更をさせていただきます。

 内 容

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『 海外論文から紐解く医療現場の新型コロナウイルス飛散防止を考える勉強会 』
※新型コロナウイルスの現状に鑑み、「医療現場から生まれた飛散防止シールド(VHシールド)勉強会」からテーマを広げました。

  日 時: 8月6日(木) 18:30~19:30
  場 所: オンライン会場
  参 加: 無料
  主 催: 株式会社iDevice、Kiwi(CE医療機器安全管理支援)、一般社団法人未来医療ファンディング&マネジメント(みらいメドテック)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○お申し込み:
  下記URLからお申し込みください。
  https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_6duNljMETHi6DQLRK78KKQ

○プログラム:

 □ 開会
 |
 ◇ 開会挨拶・概要説明 
 |  一般社団法人未来医療ファンディング&マネジメント(みらいメドテック)
 |  代表理事 柏野 聡彦
 | 
 ◇ 話題提供
 |
 |  『 海外論文から紐解く院内での飛沫飛散防止 』
 |  株式会社iDevice
 |  代表取締役 木戸 悠人
 |
 |  一般社団法人未来医療ファンディング&マネジメント(みらいメドテック)
 |  理事 山森 伸一
 |  理事 五反田 正一
 |
 ◇ 事例紹介
 |
 |  『 現場事例:VHシールド(ビニールハウス型飛散防止シールド)を使う現場 』
 |  Kiwi(CE医療機器安全管理支援)
 |  代表 大石 杏衣
 |
 ◇ 質疑応答・ディスカッション
 |
 |
 ◇ まとめ
 |
 □閉会


○司会進行:

  一般社団法人未来医療ファンディング&マネジメント(みらいメドテック)
  事務局長 長谷川 裕美


○お問い合わせ先:

  一般社団法人未来医療ファンディング&マネジメント(みらいメドテック)
  担当:事務局長 長谷川 裕美
  メールアドレス:info@ikou-funding.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連資料
主催者
主 催株式会社iDevice / Kiwi(CE医療機器安全管理支援)/ 一般社団法人未来医療ファンディング&マネジメント(みらいメドテック)