(オンデマンド)未来を予測しながら医療機器ビジネスを計画する際に、最低限押さえなければならない予測の方向性を整理し、予測に対する開発品の設定方法について・・。また、開発品が決定した後の技術・・・
未来を予測しながら開発を企画する
 オーバービュー
日 時 2021年7月15日 13:00(木)~ 2021年7月27日 23:55(火)(13日間)
申込期日 2021年7月27日(火)23:55
場 所 Medtec Japan オンラインセミナー
Online オンラインで参加できます
登 録 事前登録が必要です 申し込む(外部サイト)
参加費 8,800円
主 催インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社 Medtec Japan事務局
区 分 セミナー
対象者 医療機器・ヘルスケアメーカー / 介護・福祉関連 / 研究機関 / 地方自治体 / 通信・インフラ関連企業 / 病院・病院運営・サービス関連会社 / 医療従事者(医師・看護師・臨床工学技士)
詳 細
 内 容

株式会社メディカルラボパートナーズ 代表取締役
清水 美雪

講演1時間

【講師経歴】
1998年 千葉大学大学院理学系研究科理化学専攻博士前期課程修了
1998年 テルモ株式会社研究開発部門に入社
2005年 東京大学医学部附属病院に出向
2006年 テルモ株式会社研究開発部門に帰任
2013年 多摩大学大学院経営情報学部修了
2015年 テルモ株式会社退社
2015年 株式会社メディカルラボパートナーズ創業
2018年 筑波大学大学院医学系研究科博士後期課程修了
2020年現在、株式会社メディカルラボパートナーズ 在籍中

【プログラム内容】
今後の医療機器ビジネスの拡大を計画するには、製品の拡充が必要になります。どのような事業を行うべきか、また、どのような製品ポートフォリオを組むべきか、事業を考える上で求められる観点を整理します。また事業計画の方法の一つとして未来予測がありますが、予測の方向性は無限にあり、実施する人によって異なる現状があります。本セミナーでは、未来を予測しながら医療機器ビジネスを計画する際に、最低限押さえなければならない予測の方向性を整理し、予測に対する開発品の設定方法についてお話します。また、開発品が決定した後の技術とのマッチング方法についてもお話します。

【アジェンダ】
1.医療機器業界における企業のポジション
2.医療機器開発の流れ
3.未来のニーズを予測する
4.開発テーマの創出と技術とのマッチング

 関連資料
 主催者
主 催インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社 Medtec Japan事務局
詳細ページへ移動する(外部サイト)