医療機器開発におけるヒアリング調査の実践
医療機器開発の中でヒアリング調査を実施すべきタイミングを明らかにし、ニーズ確認す時、プロトタイプを用いた時、仕様決定時など、場面に合ったプロトタイプの作成方法、効果的な質問の仕方についてお話します。
 オーバービュー
日 時 2021年2月3日(水) 14:00 - 14:50
申込期日 2021年2月3日(水)14:50
場 所 Zoom
Online オンラインで参加できます   会場に接続する
登 録 事前登録が必要です 申し込む(外部サイト)
参加費 8,000円
主 催インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社 Medtec Japan事務局
区 分 セミナー
対象者 医療機器・ヘルスケアメーカー / 介護・福祉関連 / 研究機関 / 地方自治体 / 通信・インフラ関連企業 / 病院・病院運営・サービス関連会社 / 医療従事者(医師・看護師・臨床工学技士)
詳 細
 内 容

日 時 2021年2月3日(水) 14:00-14:50
登 壇 株式会社メディカルラボパートナーズ
聴講料 8,000円(税抜)
主 催 インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社 Medtec Japan運営事務局
形 式 Zoom (有料・事前登録制)
    https://www.medtecjapanreg.com/seminar2020/form.cgi?smncode=SMN50203AOL

【プログラム内容】
医療機器は、医療従事者と連携しながら、医療機器を使用する環境や使用される患者の様子、操作手順などを理解し、技術の検討と共に、使い勝手の良い仕様に設計することが求められます。
本セミナーでは、医療機器開発の流れの中で、ヒアリング調査を実施すべきタイミングを明らかにすると共に、ニーズを確認する時のヒアリング、プロトタイプを用いたヒアリング、仕様を決定する時のヒアリングなど、それぞれの場面に合ったプロトタイプの作成方法、効果的な質問の仕方についてお話します。

【講師プロフィール】
株式会社メディカルラボパートナーズ
代表取締役
清水 美雪

1998年 千葉大学大学院理学系研究科博士前期課程修了
1998年 テルモ株式会社研究開発部門に入社
2005年 東京大学医学部附属病院に出向
2006年 テルモ株式会社研究開発部門に帰任
2013年 多摩大学大学院経営情報学部修了
2015年 テルモ株式会社を退社し、株式会社メディカルラボパートナーズを創業
2018年 筑波大学大学院医学系研究科博士後期課程修了

 関連資料
 主催者
主 催インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社 Medtec Japan事務局
詳細ページへ移動する(外部サイト)